Cheer!NIPPON

[NEWS]  Cheer!NIPPON2015@秩父宮ラグビー場 開催決定

CONCEPT

CONCEPT

CONCEPT

→ Cheer! NIPPON DreamMatch 開催概要・出場選手はこちら!

『ニッポンの元気を湧かしていく』をテーマに、
日本で生きるひとりひとりが参加し、感動の熱を共有することで
未来を明るくしていこうとするソーシャルムーブメントです。

振り返ると、東日本大震災後の日本を元気にしてくれたのは、

・サッカー史上初となる、なでしこジャパンのW杯優勝
・今年の夏に開催されたロンドンオリンピック・パラリンピックで
 過去最多のメダル総数を獲得した、日本選手団の大活躍

などの、スポーツエンターテイメントでした。

特に、オリンピック・パラリンピックの力はとても大きく、
銀座でのメダリストパレードには
50万人もの大観衆が声援を送りました。

また現在は、「この感動を次は、ニッポンで!」の掛け声のもと、
東北での競技開催を含めた2020年の
東京オリンピック・パラリンピックの招致活動が、
来年9月の決定に向けて盛り上がりを見せながら動いています。

そんななか、現場の第一線で活躍し、夢や感動を届けてくれた
アスリートたちが”自分たちにできることは何か”
『ニッポンの元気を湧かしていく』ために、分野や世代を超えて
手をにぎり合い、このCheer! NIPPONは、走りはじめました。

その取り組みとして、12月25日、クリスマスの日に、
1964年の東京オリンピック・パラリンピックから歴史がはじまった
聖地・国立競技場で、大きなフェスティバルを開催します。

誰もが参加できるものを中心におき、
汗を流し、歓声をあげることで感動を共有できるものを企画しました。
また、震災からいちはやく復興することを願うとともに、
被災地を元気づけるために、
子どもたちを無料招待することにしました。

このCheer! NIPPONというソーシャルムーブメントは、
日本という国が、地域や世代を超えて一つにつながり、
少しでも明るい未来に導く、そういうものにしていきます。

2012年11月5日 Cheer! NIPPON実行委員会メンバー一同

Cheer! NIPPON(チアニッポン)は、「歓喜・歓声が湧き上がり、その感動がひとつになることで、日本が元気になってほしい」というアスリートたちの熱い想いを込めて、命名されました。またロゴは、その想いをイメージするとともに、「日の丸」と「金メダル」が融合したような未来の光を象徴したものとしてデザインされています。

↑